自社で足場を持っている会社に外壁塗装を依頼すると安くなるのか?

塗装マニアの独り言

「弊社は足場を自社で組んでいるので、外壁塗装の全体の工事費用を安くできますよ」

塗装業界で営業をしていると、このようなチラシや謳い文句の営業が来たお客様の所にお伺いすることは少なくありません。

では、本当に自社施工で足場を持っている会社は工事代金が安く抑えれるのでしょうか?

私は、良心的な会社であれば2.3万は変わってくると思いますが、実際はそこまで変わらないか逆に高くなる場合もあるのではないかと思います。

自社で足場を持っている会社に外壁塗装を依頼すると安くなるのか?

それでは、なぜ良心的な会社でも2.3万の削減で、実際はそこまで変わらないか逆に高くなる場合もあるのではないかと言う理由はこちらにあります。

所有する足場やトラックはどうしているのか?

足場の資材を持っている会社は、必ずどこかに足場資材を置く場所を保有しています。

資材置き場の使用する面積は、塗装の資材を置いておく面積に比べたら10倍以上は必要になり借地であれば毎月地代が掛かりますし、会社保有の土地であっても毎年広い面積の固定資産税が掛かります。

また、足場資材にもお金が掛かりますし資材を運ぶトラックにも費用は掛かってくるためコストは塗装とは比べ物にならないくらいの大きなコストが掛かっています。

足場資材はあっても、その足場を誰が組むのか?

足場は、足場職人が組んでも塗装職人が組んでも人件費にはそれほど変わりはありません。

塗装会社の職人が組めば、一見人件費が安く抑えられるように見えますが技術力は劣るため半日で組めるものでも1日掛かってしまいます。

足場職人は、過酷な仕事のため塗装職人よりも人件費は高いですがその分スピードも速く一般住宅であれば半日で組んでいくことも可能です。

足場業界では、1日に2件は回らないと利益を出すのは難しいと言われています。

そのため、足場職人であれば1日に2件回って利益を出すことが可能ですが、塗装職人の場合だと1日1件しか回れないため、結果的に専門業者よりも高くなってしまいます。

塗装業者でも、抱き足場と呼ばれている単管(鉄のパイプ)のみで組んでいき、その日に高圧洗浄まで済ませてしまう塗装業者もいますが、この場合であれば利益はでますが作業効率や安全性が一気に下がるため抱き足場は品質と安全性を求める場合は選択しないでください。

結果、塗装職人が組む場合はお客様のメリットになる可能性は低くなります。

足場代金を安くすれば塗装工事は安くなるのか?

足場の相場は、概ね1㎡700円~1,000円です。しかし、この金額の半額に近い金額で組んでしまう業者もいます。

そのため、足場の設置をその安い業者に変えれば足場の費用を抑えて外壁塗装工事の全体の金額を安く抑えることは可能です。

ですが、安いにはもちろん理由があるためその影響は結果的にお客様に戻ってきます。

安い足場を使ったことのある塗装職人から1番多く聞かれる声が「とてもまともな作業ができる状況じゃない」「次あの足場だったらもう作業しない」「どこかを掴んでいないと恐くて作業できない」と言った作業効率の低下や安全が確保されていない点でした。

では、あまり影響がなさそうなお客様から聞いた話では「ガレージを壊されたけど最初から壊れてた違うと突っぱねられたため自分で直した」「近隣さんからトラックが邪魔で出られないがここに置かないと作業できないと言われ対応してもらえない!!と怒られた」「足場資材を投げ捨てるため土間が傷だらけになったが他の現場でも同じです。で終わった」とどれもありえない内容ですが、実際に安さを求めて外壁塗装をしてしまったお客様から工事中や工事後に相談を受けた内容です。

結論から言うと、安く外壁塗装をすることは可能です。

しかし、その値段には必ず意味があります。企業努力もありますが、それでも最初にお伝えしたような2.3万です。

その2.3万も、会社内に塗装職人も足場職人も社員で働いており「同じ会社内で他からの現場で利益は取れているから、足場班の利益を減らしても塗装班が仕事が受注できれば会社の利益は結果上がるからを応援するね」と言うような会社全体で企業努力をしている場合です。

しかし、ここでのポイントは足場班の利益は減らしていると言う点です。

まとめ

「損して得を取れ」と言う素晴らしい企業努力ももちろんありますが、今回のテーマは『自社で足場を持っている会社に外壁塗装を依頼すると安くなるのか?』なので、先ほどの企業努力の場合だと足場班の利益は減っているため、塗装の利益は会社に残さないといけないため塗装での値引き額は少なくなってしまい、今回のテーマで言うと『足場費用は安くなったが、トータルの費用は変わらなかった』と言う結果になります。

そのため、企業努力をしてもトータルでは変わらないか高くなる可能性もあるため「自社足場の塗装業者」が必ずしも安くなるわけではなく、逆にデメリットの可能性もあるため注意が必要です。

もちろん、「キャンペーン中のため、足場費用無料にします」「近くで現場があるので足場運搬費や人件費が安くなります」もそんなことは業界的にないため、この謳い文句を言った業者が来たらリスクヘッジのためにも関わらないようにしてください。

Gsm Japanの職人は、技術とマナーが伴った自信のある職人なので安心してお客様の大事なお家を任せてください!!

期待以上の施工で返させて頂きます(^^♪

問い合わせ

 

 

タイトルとURLをコピーしました