外壁塗装に使うおすすめの塗料の選び方

目次

外壁塗装に使うおすすめの塗料の選び方

外壁塗装の塗料には、ウレタン樹脂やシリコン樹脂、フッソ樹脂や無機塗料、遮熱や低汚染など、選択肢が多く塗装の知識を持っていないお客様から見ると塗料ごとの違いが分かり難い部分です。

特に、最近の塗料は1社が新商品を発売すると他社も類似商品を発売して来るため、同じ価格帯のグレードの塗料であれば差はあまりないとも言われています。

しかし、実際は細かく長い目で見て行くと値段の差や機能性などに差が生まれます。

Gsm Japan(ジーエスエムジャパン)では、塗料の比較を分かり易くするためにこの中の1年換算コストを重要視しています。

この1年換算コストとは、希望の塗料を使った際の外壁塗装の価格に使用する塗料の期待耐用年数を割ったものが外壁塗装の1年間にかかるコストとして考えています。

塗料ごとの年間金額の違い

 

例として、『プレマッテクスのタテイルフロン』で見ていきたいと思います。

タテイルフロンの性能

  • 期待耐用年数は25年
  • 超耐候性|水性タイプ|柔軟性|超低汚染性|難燃性|防藻・防カビ性

タテイルフロンを使用した場合、46.8万円÷25年=18,720円/年となり外壁塗装の1年間のコストは18,720円になります。

しかし、外壁塗装には足場も必要になってくるため足場の年間コストも含めて考える必要があります。

足場の年間コストの算出費用は、仮に足場費用を15万と設定して【15万÷耐久年数】の数式で算出しています。

塗料名称 参考価格 期待耐久年数 1年換算コスト 足場費用の年間費用 機能性 足場費用算入後の年間コスト
一般的な塗料 22.1万 10年 22,100円 15,000円 なし 37,100円
パルフェTOP
フロンテックレジン
23.4万 15年 15,600円 10,000円 ・高耐候性 25,600円
シリコンREVO1000 

アステックペイント

26.0万 16年 16,250円 9,375円 ・低汚染

・遮熱

25,625円
ラジセラプロ
プレマッテクス
33.8万 18年 18,778円 8,334円 ・超低汚染

・超耐候性

27,112円
タテイルα(アルファ) 

プレマッテクス

41.6万 20年 20,800円 7,500円 ・超低汚染

・超耐候性

28,300円
タテイルフロン 

プレマッテクス

46.8万 25年 18,720円 6,000円 ・超低汚染

・超高耐久

24,720円

※耐用年数はメーカー記載やシンクタンクによるものになります。

上の表の参考価格は、あくまでも一般的な2階建ての外壁のみの参考価格のため、ここに実際の数量の雨樋や雨戸、屋根の塗装、さらに足場工事が合わさってくると、個々の価格差は顕著に出て来ます。

耐用年数が長ければ足場を掛ける回数が減ってきます。1回減れば15万2回減れば30万が節約出来ます。

塗料ごとの1年換算の価格では、パルフェTOPがおすすめですが足場の年間費用を見ると表の一番下の「タテイルフロン」が少なく、塗料の年間費用と足場の年間費用を足すと「パルフェTOP」と「タテイルフロン」の金額差は、ほとんど無くなってきます。

もちろん、家の形状や大きさ、構造によってどの塗料がコスト削減に繋がってくるかは異なってきます。

Gsm Japan(ジーエスエムジャパン)では、塗装業者ではなく建設業者のため家全体の作りを考慮した上で外壁塗装のご提案をしていきます。

選べる塗料メーカーは40社以上あるため、必ずお客様のお家にあった外壁塗装のプランをお届け致します !

是非一度、無料見積からGsm Japan(ジーエスエムジャパン)の提案力をご体感ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる