外壁塗装に使うと費用対効果の高い【シリコンREVO1000】

塗料の知識
外壁塗装の塗料を選ぶ際に、費用対効果って皆さん気にしていますか。

どれだけ塗料の性能が良くても、性能に比例して値段が高ければ性能が良いのは当たり前です。

その反対に、安く外壁塗装ができたけどすぐに剥がれてきてしまっては全く意味がありません。

もちろんお金があれば高い性能の良い塗料を使うに越した事はありませんが、出来れば安くて良い製品、ちょっと現実的に言えば安くてそれなりに良い製品を使いたいと言うのが本音ではないのでしょうか。

今回は、そんな安くても性能が良い商品の1つを紹介していきます。

シリコンREVO1000の紹介

家を守るための性能にこだわった、シリコン成分が 一般塗料の約3倍含まれるスーパーリッチな外壁用シリコン塗料の紹介です。

家を守るために塗料に求められるのは、「高耐候性」「低汚染性」「遮熱性」の3つの性能です。

家は自然環境の中で雨や紫外線に常にさらされ続けています。

その環境下で、お手入れをせずに放置しているとお家を保護している塗膜が劣化し、お家自体も劣化してしまいます。

そのため、定期的なメンテナンスで家を保護することが必要です。

住まいのメンテナスに最適なシリコンREVO1000の3つの性能

 

シリコンREVO1000は、長期にわたって家を守る高耐候性塗りたての美しさを維持する低汚染性、室内温度の上昇を抑え生活環境を快適にする遮熱性を兼ね備えた住まいのメンテナンスに最適な塗料です。

※お家の構造、断熱構造、開口部(ガラス窓等)の大きさ・数によって温度変化の程度に差がでます。

長期にわたって家を守る高耐候性

一般シリコン塗料よりも長く家を守る

高耐候性試験(キセノンランプ式)において、4000時間が経過した後も光沢保持率80%以上を保持(期待耐用年数13~16年)。

塗膜の劣化要因である紫外線・雨・熱に対して、高い対候性を発揮します。

高耐候性の理由①シリコン成分が豊富なので劣化しにくい

シリコンREVO1000は、一般アクリルシリコン塗料に比べて、シリコン成分が約3倍含まれています。

シリコン成分の量が多いほど、紫外線によって破壊されにくいシロキサン結合が多くなるため、

より高い対候性が期待されます。

高耐候性の理由②塗膜の劣化要因であるラジカルを制御する

 

一般塗料には「酸化チタン」という白色顔料が含まれています。

この「酸化チタン」は紫外線の影響を受けると「ラジカル」と呼ばれる劣化要因を発生させ、

周囲の樹脂を破壊・劣化させます。

シリコンREVO1000は「ラジカル」の働きを抑制する高耐候型白色顔料を使用しているため、

塗膜の劣化を防ぎます。

 

 

家を美しく維持する低汚染性

強靭な塗膜の表面が汚れの付着を抑制

シリコンREVO1000は特殊な三重構造のアクリルシリコン樹脂を採用しています。

通常、柔軟性が高いほど汚れが付着しやすいですが、この樹脂は柔軟性をもった層を強靭な層で包んでいます。

この構造により、塗膜表面に汚れが付着しにくくお家を長期にわたって美しく保ちます。

カビ・藻抵抗性試験

カビや藻の発生を抑え、長期間の美観保持に貢献

「JIS Z2911カビ抵抗性試験」および、「藻抵抗性試験」に合格。

美観保持力の向上につながるとともに、アレルギーの原因にもなるカビを抑制する、人体にもやさしい塗料です。

室内をより快適にする遮熱性

高い日射反射率の遮熱性を実現

シリコンREVO1000は、一般的な塗料のほとんどの色に使用されている

黒色顔料のカーボンブラックなどよりも

日射反射率が高く熱を吸収しにくい「特殊黒色遮熱無機顔料」を使用しています。

そのため、近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成し、

室内の温度の上昇を抑え生活環境の快適化に貢献します。

まとめ

シリコンREVO1000は、費用対効果も高く性能も優れているおすすめの塗料です。

外壁の塗料に遮熱効果が含まれている塗料はあまりないため、外壁に遮熱効果がある塗料を探していた方には、ピッタリの外壁塗装の塗料ではないでしょうか。

シリコンREVO1000参考価格

延床面積30坪のお家の場合24.7万円になります。

※参考価格は、外壁の塗装のみの価格となります。

 

とてもコストパフォーマンスに優れた塗料なので、

詳しい内容を知りたいお客様は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

GsmJapanでは、値段や施工方法をお伝えするだけでなくお客様の大切な資産を守るための方法を伝え適正価格を守ります

お客様のお家の悩み、是非一度GsmJapanにご相談ください!!

問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました