ドローン屋根点検

瓦屋根・カラーベストの方に必見、住まいの屋根や外壁を
外壁塗装前にドローンで点検!


昨今の大型台風や集中豪雨など、異常気象が全国各地で発生しています。
通常の調査の方法は、はしごや脚立で物理的に屋根に登ります。お客様から目が届かないばかりか故意に破損され破損箇所からの雨漏りを促し不安を煽る悪徳業者被害の相談も寄せられています。
当社では、ドローンを利用することで、低料金、時短、モニターを一緒に確認をしながら透明性の高い点検をご提供可能です。

ドローン屋根点検の特徴

Gsm Japanからの3つの約束

期間限定の【屋根の無料ドローン点検】

ドローン点検の屋根点検風景

従来は、人が登って確認をする必要があった屋根点検ですが、人の代わりに安心・安全にドローンが屋根を点検致します。
※従来の屋根点検には様々のリスクが潜んでいます。
 ・人の重みで屋根を破損させてしまうリスクを防ぎます。
 ・見えない屋根に上がらせないことで、悪徳業者のリフォーム詐欺を防げます。
 ・足場がない屋根は大変危険です。作業員の落下を防ぎます。

Gsm Japan(ジーエスエムジャパン)の屋根のドローン点検はLINEクーポン期間限定で無料です

友だち追加

Gsm Japan(ジーエスエムジャパン)公式LINE
登録して屋根のドローン点検無料クーポンGET

屋根の状況を事前に知っておくことで防げることがあります。

屋根材には、本来塗れる材料であっても【劣化状況】や【材料自体の不具合】で塗れないことがあります。
塗装可能のはずの、スレート瓦(カラーベストやコロニアルとも呼ばれる)ですが塗れない時期のものも存在します。
屋根塗装ができない場合、カバー工法や葺き替え工事が必要になりますが実際は、塗装不可の建材と気が付かずに塗装してしまっている事例は少なくありません。
塗れない可能性のあるスレート瓦は約10種類もあるため、特に1990年代後半~2008年に作られたお家の方は注意が必要です。
屋根の塗装を考えている方は、屋根のドローン点検かつ、適正な判断ができる人が在籍している会社に依頼することが重要になります。

お家の雨漏れなど『お家の各種調査』に関してもご相談ください

タイトルとURLをコピーしました